Homeスポンサー広告月下美人>十年生死兩茫茫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年生死兩茫茫

2008.01.22 Tue

江 城 子
蘇 軾
乙卯正月二十夜記夢

十年生死兩茫茫,不思量,自難忘。
千里孤墳,無處話淒涼。
縱使相逢應不識,塵滿面,鬢如霜。
夜來幽夢忽還鄉。小軒窗,正梳妝。
相顧無言,惟有淚千行。
料得年年腸斷處:明月夜,短松岡。




咳咳 先膜拜一下古人
尤其是三蘇
東坡先生 m(_ _)m



此辭何等的凄涼
十年思念亡妻
時政輾轉,新政失敗
可嘆可嘆(= =b 起的調子太高……我拗不回去了 看天……)
本想抒發一下區區經年,卻尋死尋活,置恩人于不顧的某情節……說到底,還是敗在了東坡先生的才思之下。
就此打住

十年生死兩茫茫
不思量
自難忘

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monv.blog68.fc2.com/tb.php/213-84b2beef
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。