スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李恪

2007.10.31 Wed

嗯……不知为何,提起唐除了那足足可以车的溢美之词外,便是屈死的吴王李恪。
然就算是太宗皇帝最为偏爱的皇子,若无外戚,亦不免一死……

好吧……俺承认,俺在哀的其实就是位血统十分高贵的皇子……
(= =b 突然失忆了……平安左右,亦有位身份十分高贵的亲王?内亲王?)
扯回来,再看恪(喂喂,叫嘎亲近干嘛)的这一宗,也算得出了不少才臣
嗯……
果然血统是很重要的

= =b 当然……平安皇室里就免了……貌似因为太乱,搞得美人不多 TAT

想想看,这样一位才情武略皆卓著的皇子,分封吴地。
彼时,正是江南丰饶开端之际。流淌着生母杨妃前朝正统皇室之血,加之史上颂歌无数的太宗皇帝之大统,何其地美妙!(滚来滚去)
想隋炀帝的妃子定是美人,那公主也一定不难看 =w=
太宗皇帝嘛,生母也传说是难得一见的美女撒!

滚来滚去,遗传太优良了!
TAT

顺便太宗皇帝最是宠爱的高阳公主,是他的亲妹妹……可见……
嘛……母以子贵,也以女贵嘛

(俺果然是对灭国、遗族、美人、眷深宫,这样的狗血题材没抵抗力 orz)
但要说血统高贵……回顾历史ing…… 咳咳……这个……貌似真的没特别高贵的……
改朝换代以后,座上天子的血统又有几家是正统咧?
何况……周末,把十二姓的族人也诛得不剩啥了吧……

掩面……长孙无忌大伯,最后还是被自己侄子做掉……唉……报应……
再幻想一下,若是吴王最后登基……贞观之后的盛世,又该是如何一番景象呢,笑

コメント

*

我吧,不太明白你这是想说什么呢?

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monv.blog68.fc2.com/tb.php/152-97993d7f
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。